ドミニカがイタリアに逆転勝利、決勝R進出に王手

12日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第2ラウンド2組、ドミニカ共和国対イタリア戦が行われ、終盤7回に見事な逆転劇を見せたドミニカが5対4で勝利ナイキ フリー。決勝ラウンド進出へ王手をかけた。一方、敗れたイタリアはアメリカ対プエルトリコ戦で敗れたチームと13日に敗者復活1回戦を戦うことが決まった。free nike ドミニカは2点ビハインドで迎えた7回、1死満塁のチャンスでエドウィン・エンカーナシオン一塁手(トロント・ブルージェイズ)が四球を選び押し出しで1点を返すと、続くハンリー・ラミレス三塁手(ロサンゼルス・ドジャース)の犠牲フライで同点。ナイキ フリーその後、ネルソン・クルーズ外野手(テキサス・レンジャーズ)にタイムリーヒットが生まれ、逆転に成功した。そのリードを8回に登板したサンティアゴ・カシーヤ投手(サンフランシスコ・ジャイアンツ)と9回に投げた守護神フェルナンド・ロドニー投手(タンパベイ・レイズ)の継投で守り切った。nike free この日、1本塁打を含む3安打と勝利に貢献したドミニカの主砲ロビンソン・カノ二塁手は「興味があるのは勝つことだけナイキ フリー。俺たちはいい時間を過ごせた」と逆転勝ちに気をよくしていた。nike free 一方、イタリアは初回に指名打者クリス・コラベロの3ランなどで4点を奪い、試合を優位に進めるも、3番手のパトリック・ベンディット投手が強力ドミニカ打線に捕まり、リードを守りきれなかったnike free。悔しい逆転負けを喫したイタリア代表のマイク・ピアザ打撃コーチは「彼らはオールスターのようなチーム。free nike(負けたことは)残念だけど、明日の試合になんとか勝てればいいね」と次戦に気持ちを切り替えていた。ナイキ フリー

发表留言

秘密留言

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友